管理が行き届いている霊園は多くの人から人気を集めている

女性

人口が多いから需要も多い

手を合わせる子供

人口が多い街

京都はかつて日本の中心として都が置かれていたということもあり、いまだに教育面においても経済活動においても活発です。名だたる有名大学がひしめき、世界に進出する優れた企業もたくさんあることから、近隣から働きに来る人も相まって、人口はかなり多いと言えるでしょう。関西圏の商業経済の中心地は大阪ですが、その大阪に次ぐ街が京都であることは間違いありません。中心部が金融と経済のメインとなっており、働く人が多く行きかいます。そんなエリアで便利に暮らそうという人は若い世代が多く、高齢者は住宅街として開けた、中心部からは離れたエリアに多く住んでいるという特徴があります。京都には寺も多く、永代供養を行うところがほとんどです。高齢化と核家族化が永代供養の需要を押し上げていると言えるでしょう。

たくさんの寺で実施

京都はもともと神社仏閣が多いことで知られていますが、そのほかにもお墓を守り、供養を行っているお寺が数多くあります。昨今、子供がいてもなかなかお墓を守ってもらえない転勤族になっていたり、子供にお墓を守るという負担を掛けたくないと考える親が多くなったこともあって、永代供養を行ってくれる京都の寺で、共同墓地を購入する人が増えてきています。共同墓地のスタイルはさまざまですが、主なものとしてコインロッカーのような形の、インドアに設けられた区画式の墓が人気です。さらにはお気に入りの樹木を選んで、そこにずっと供養してもらえる樹木葬も人気があります。家系が途絶えるとわかっている家から、自分の好きなように埋葬されたいという願いまで、すべて叶える永代供養がありますので、知っておくと安心です。