管理が行き届いている霊園は多くの人から人気を集めている

女性

少子化によるお墓の問題

墓地

永代に渡り供養

観光名所として人気の高い京都。行楽シーズンをはじめ、多くの環境客が訪れる場所です。四季折々の美しい景色と、情緒溢れる街並みが来る人を魅了します。そんな京都には永代供養をすることが出来るお寺がいくつもあります。この永代供養とは、一度供養料を納めれば、永代に渡りお墓の管理や供養をしてくれるものになっています。その為、なかなかお墓参りに行けない、後継ぎがいないという人に大変人気になっています。一般的なお墓であれば、やはり掃除をしたり色々定期的に行わなければいけませんが、永代的に管理をしてもらうことが出来るので、自分では何もしなくてもしっかり管理をしてもらうことが可能です。その為、近年では大変人気になっており、利用者が大変増えています。

宗教関係なく利用出来る

京都で永代供養をすることが出来るところが多くなっていると挙げましたが、京都だけではなく全国的に見ても永代供養を利用する人が大変増えています。その背景には日本の少子化が問題が影響しています。日本では今、結婚年齢が上がる晩婚化が進んでおり、それに伴う少子化が大きな問題になっています。その為、子供の数が少なく、お墓をしっかり管理してくれる人がいないという世帯も多くなっています。そんな時に利用することで、自分が亡くなった後のお墓の管理を心配することがなくなります。また、この永代供養は宗教関係なく入ることが出来るので、様々な宗教の方が便利に利用しています。また、墓石を購入する必要がないので、そのメンテナンスをする必要がありません。その為、大変注目されているものになっています。